寝具選び

■枕の選び方

枕で一番大切なのは、首の骨がもともと描いているカーブに合っているのかどうかということです。
そのためには高さが問題になります。
高すぎる枕では、首筋の脊柱起立筋と靭帯が伸ばされすぎてしまうため、頭を起こすときに寝違えを起こしやすくなります。
逆に低すぎたり柔らかすぎると、頭部の重さが首にかかってそり返ってしまい、椎間板を傷めやすくなります。


そこで、成人の場合は高さが5〜7cm程度、材質はやや硬めのものを選ぶようにします。
この高さなら頚椎のカーブが保たれるので、筋肉や靭帯に無理な力がかかりません。
横を向いて寝る人は、これよりも高めの15cm前後のものを使うようにすると負担の大きい姿勢が防げます。

■布団の選び方

布団は適切な硬さのものを使わないと、首から腰にかけての各部分に悪影響となるので注意が必要です。
首や肩の症状を改善するには、首と肩だけを考えればいいということではありません。
背骨は骨盤まで連なっているので、背骨のどこかに負担がかかれば、その影響は背骨全体に及んでしまうのです。
柔らかすぎる布団の場合は、背中とおしりが沈み込む分、腰のそりが強くなります。
クッション性がない硬い布団では、腰が浮き上がり、そりが強くなります。
どちらであっても腰が不自然にそるため、首や肩に負担がかかってしまいます。
こうした悪影響にならないために、体の沈みこみが3cm程の、やや硬めの布団を選ぶことです。

■眠る姿勢

まず、正しい寝具を用意する必要があります。
寝具の用意ができたら、正しい姿勢で眠ることを考えます。
特に注意しなければならないのは、うつぶせで寝る習慣のある人です。
うつぶせ寝は、おなかを突き出す状態になるので、腰のそりを強めます。
また、顔の左右どちらかにほぼ90度向けることになるので、腰・首ともに負担がかかるのです。

首から腰を傷めない姿勢は、あお向けでひざを軽く曲げ、ひざの後ろと布団の間に座布団などをはさむといいです。
横向きで眠る場合は、やや高めの枕に横向きで寝て、ももの付け根を軽く曲げた状態がいいです。


肩こり豆知識

肩は人間の弱点
なぜ肩こりになるのか 肩こりを生み出しやすい人体の構造 避けては通れない老化現象と肩こりの関係 
肩こりの原因は生活の中に
肩こりの原因は生活習慣にあり 筋肉疲労から始まる肩こりサイクル ストレスが引き起こす首や肩こり 病気ではない肩こりの特徴と対処法 
肩こりを防ぐ生活スタイル
肩こりを遠ざけるために必要なこと まずは正しい姿勢から 寝具選び 見過ごしがちな日用品チェック 生活環境の総チェック 肩こり解消に効果ある食生活 自分のストレスと上手につきあおう 
肩こりを自分で治す
温熱・運動療法は最善の改善策 温熱療法 疲労解消と血行促進効果のあるマッサージ 疲労解消と鎮痛効果のあるツボ 疲労しにくい筋肉をつける体操 リラックス効果を高めるストレッチ 全身機能を高めるスポーツ実践 

トップ 注文 お問い合わせ 特定商取引法に基づく表示 プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI肩こりShop
All rights reserved