疲労解消と鎮痛効果のあるツボ

■マッサージ効果を高める
東洋医学では、全身に流れる気の道筋を経絡と呼び、この流れが滞ると不健康な症状が出ると考えられています。
ツボを刺激することで気の流れがよくなり、症状が消えるとされています。
全身のツボは、それぞれ体のどの部分の症状に効果があるのか決まっていて、肩こりの解消に効果的なものもあります。

<上手なツボの押し方>
1.親指の先端から第一関節にかけて、指の腹の部分を押しあてます。


2.押す強さはほどよい姿勢を感じる程度にします


3.素人が正確なツボの位置を押すことは難しいので、周辺部を含めて押します


4.ひと押し3〜5秒を目安に数分間断続的に押します


5.左右対になっているツボは必ず両方同じように押します

■首・肩・腕のこりを取るツボ

風池(ふうち)・・耳の後ろの骨から中央に寄ったところのくぼみ
肩井(けんせい)・・肩甲骨の内側の縁から、まっすぐ上がった肩の筋肉上
臑兪(じゅゆ)・・肩甲骨の外端の、やや下にあるくぼみ
曲池(きょくち)・・肘の関節の親指側のわき
小海(しょうかい)・・肘の関節の小指側のわき
頸頂点(けいちょうてん)・・人差し指と中指の付け根中央の関節
合谷(ごうこく)・・親指と人差し指の間の骨の付け根、やや人差し指寄り
天柱(てんちゅう)・・風池の斜め下方の首筋
附分(ふぶん)・・肩甲骨から内側の縁の上端
大陵(だいりょう)・・手首曲げたときにできるしわの中央部
神門(しんもん)・・手首の関節の小指寄りの端
志室(ししつ)・・ウエストライン上にある背骨両側の筋肉の外側の縁


肩こり豆知識

肩は人間の弱点
なぜ肩こりになるのか 肩こりを生み出しやすい人体の構造 避けては通れない老化現象と肩こりの関係 
肩こりの原因は生活の中に
肩こりの原因は生活習慣にあり 筋肉疲労から始まる肩こりサイクル ストレスが引き起こす首や肩こり 病気ではない肩こりの特徴と対処法 
肩こりを防ぐ生活スタイル
肩こりを遠ざけるために必要なこと まずは正しい姿勢から 寝具選び 見過ごしがちな日用品チェック 生活環境の総チェック 肩こり解消に効果ある食生活 自分のストレスと上手につきあおう 
肩こりを自分で治す
温熱・運動療法は最善の改善策 温熱療法 疲労解消と血行促進効果のあるマッサージ 疲労解消と鎮痛効果のあるツボ 疲労しにくい筋肉をつける体操 リラックス効果を高めるストレッチ 全身機能を高めるスポーツ実践 

トップ 注文 お問い合わせ 特定商取引法に基づく表示 プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI肩こりShop
All rights reserved