疲労解消と血行促進効果のあるマッサージ

■適度な刺激が筋肉の硬直を取り去る
疲れがたまったりこりが強まったりしたときは、患部をマッサージして適度に刺激を与え、筋肉の緊張をほぐします。
マッサージには、押す・もむ・たたく・つまむなどやり方がさまざまですが、痛みが強いときは手でさするだけでも血行促進効果が得られ、こりをほぐすことができます。
マッサージを行うときは、気持ちいいからとやりすぎないように注意が必要です。
また、指先ばかり使い患部をぐりぐりともみほぐすと、無理な力が加えすぎて逆効果になることがあります。
こりを感じる場所を集中的にマッサージするより、肩こりは首筋や上腕、背中の筋肉疲労の影響があるので、周辺部含めた広い範囲のマッサージをすると効果があげられます。

<マッサージを行うときのポイント>
1.体を十分にリラックスさせた状態で行います

2.症状にあわせてマッサージに強度を変えたり、痛みがひどいときはさするだけで十分です

3.やりすぎはかえって不快な痛みが出ることもあるのでほどほどでやめます

■ひとりでできるマッサージ
ひとりでできるマッサージは、いつでもどこでも気軽にできるのがうれしいです。
<首筋のマッサージのやり方>

もむ・・・手のひら全体で、首筋の両側、上下をもみほぐします


押す・・・親指と残りの指で、首筋を挟むようにして押します


たたく・・・両手をこぶしか手刀にして、適度な強さでたたきます

<首の付け根から肩、背のマッサージのやり方>

もむ・・・肩を親指と残りの指で挟み、両側からもみほぐします


押す・・・肩の筋肉上を、親指の腹で押し込みます

<上腕部のマッサージのやり方>

親指と残り指で上腕部を挟みこむようにして、上下にもみほぐします

■パートナーが行うマッサージ
<首筋のマッサージのやり方>
しっかりと一方の手は頭頂部を支えることが大切です。

もむ・・・頭のやや後ろに倒して、親指と残りの指で首筋と挟み、上下にもみほぐします


押す・・・頭をやや後ろに傾けたまま、首筋の筋肉の付け根を、親指と人さし指で押し込みます

<首筋から肩、背のマッサージのやり方>

手のひら全体に軽く力を込めて押すような感じで、ウエストラインから中心に向かい背骨の両わきを腰から首筋に向かってさすり上げます。

■パートナーが行うマッサージ
<肩甲骨周辺のマッサージのやり方>

もむ1・・・4本の指を肩にかけ、位置をしっかり固定し、親指に力を入れて移動させながらもみ込んでもらいます


もむ2・・・体の側面に4本の指をあてて、親指で背中に円を描くようにもみ込んでもらいます


寝そべった状態でもむ1、もむ2を同時に行っても構いません。

<背中のマッサージのやり方>

肋骨の下あたりから肩まで螺旋を描くようにたたいてもらいます。
肩まで届いたら、肩の上からたたいてもらいます。

1つのマッサージは、10〜20分かけて行うのが一番効果的です。
「強く、短く」ではなく、「やや軽く、長く」によって血行促進されます。


肩こり豆知識

肩は人間の弱点
なぜ肩こりになるのか 肩こりを生み出しやすい人体の構造 避けては通れない老化現象と肩こりの関係 
肩こりの原因は生活の中に
肩こりの原因は生活習慣にあり 筋肉疲労から始まる肩こりサイクル ストレスが引き起こす首や肩こり 病気ではない肩こりの特徴と対処法 
肩こりを防ぐ生活スタイル
肩こりを遠ざけるために必要なこと まずは正しい姿勢から 寝具選び 見過ごしがちな日用品チェック 生活環境の総チェック 肩こり解消に効果ある食生活 自分のストレスと上手につきあおう 
肩こりを自分で治す
温熱・運動療法は最善の改善策 温熱療法 疲労解消と血行促進効果のあるマッサージ 疲労解消と鎮痛効果のあるツボ 疲労しにくい筋肉をつける体操 リラックス効果を高めるストレッチ 全身機能を高めるスポーツ実践 

トップ 注文 お問い合わせ 特定商取引法に基づく表示 プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI肩こりShop
All rights reserved