全身機能を高めるスポーツ実践

■やり慣れたスポーツを楽しむ
慢性の肩こりにつながる体の老化を防ぐには、趣味としてスポーツをすることも良いです。
老化防止とされるのは、有酸素運動に分類されるスポーツです。
有酸素運動とは、代表的なものとして、水中ウォーキングや水泳、ウォーキングやジョギング、サイクリングなどがあげられます。
いずれにも共通していることは、マイペースで行えるという点です。
呼吸によって取り入れた酸素を効率よくエネルギーにかえる作用が期待できるので、老化を防ぐことにつながります。
他のスポーツでもかまいません。
例えば、五十肩が治ってきて、そろそろスポーツを再開できそうという人は、未経験のスポーツをするより、やり慣れたものを再開したほうがいいでしょう。
自分のコンディションも把握して、安全に続けて行うということが一番です。

■スポーツをするときに守ること
スポーツ実践7か条
1.最低年1回は健康診断を受け、全身の健康状態を把握する
2.スポーツ中の事故を防ぐために、日ごろからストレッチや体操を怠らない
3.スポーツ開始時のウォーミングアップと終了時のクールダウンは手抜きをしない
4.体調が悪いときは無理に行わない
5.スポーツ中になんらかの異常があらわれたら、ただちに中止する
6.勝負や結果にこだわりすぎない
7.むかしとった杵づかを過信しない

<ウォーミングアップやクールダウンのやり方>
1.手のひらを組んで腕をのばし20〜30秒キープ


2.片手で反対側の肘をつかんで引き寄せ、左右とも20〜30秒ずつキープ


3.前屈・後屈それぞれ20〜30秒間繰り返す


4.後ろに曲げた足の足首をつかみ、かかとをお尻に引き寄せ、左右とも20〜30秒ずつキープ


5.足を前後に30cmほど開いて立ち、上体をまっすぐ起こしたまま腰を落とし、左右とも20〜30秒ずつ伸ばした姿勢をキープ


肩こり豆知識

肩は人間の弱点
なぜ肩こりになるのか 肩こりを生み出しやすい人体の構造 避けては通れない老化現象と肩こりの関係 
肩こりの原因は生活の中に
肩こりの原因は生活習慣にあり 筋肉疲労から始まる肩こりサイクル ストレスが引き起こす首や肩こり 病気ではない肩こりの特徴と対処法 
肩こりを防ぐ生活スタイル
肩こりを遠ざけるために必要なこと まずは正しい姿勢から 寝具選び 見過ごしがちな日用品チェック 生活環境の総チェック 肩こり解消に効果ある食生活 自分のストレスと上手につきあおう 
肩こりを自分で治す
温熱・運動療法は最善の改善策 温熱療法 疲労解消と血行促進効果のあるマッサージ 疲労解消と鎮痛効果のあるツボ 疲労しにくい筋肉をつける体操 リラックス効果を高めるストレッチ 全身機能を高めるスポーツ実践 

トップ 注文 お問い合わせ 特定商取引法に基づく表示 プライバシーポリシー
Copyright © 2008
BANRAI肩こりShop
All rights reserved